2006年06月15日

ワールドカップ・モード全開


 完全にサッカーバカの領域に入ってしまった長男。W杯の試合でも
既に私より選手の名前を多く知っています(^^;;

 そんな長男(小3)が、日本VS.オーストラリア戦を前に、なにやら工作を
始めました。割り箸に紙を貼り付け、旗を作っています。

日の丸だったり、「がんばれ日本」「ぜったい勝つぞ!」、、、
色んな言葉を書いています。 そして、そのミニ旗をソファー1面に
セロハンテープで、貼り付けていました。



私  「それ、どうするの?」
長男 「応援するために、貼ったの」


そこへ妻が登場

妻  「ちょっと、それ何?」
長男 「応援するための旗だよ」

妻  「オーストラリア戦が終わったら取っておいてね」
長男 「ワールドカップ終わるまでだよ」

妻  「そんなのダメ」
長男 「だって、お父さんが良いって言ったもん」

私  「え?言ってないよ」

長男 「でも、折角作ったんだから終わるまでは貼っておくから(^^)v」
妻  「・・・」
私  「・・・」


かくして、ソファーには、割り箸の旗が、いくつも。。。




 父の苦悩は、まだまだ続く。。。





子育て関係のブログランキングです。是非応援クリックをお願いします
こちらを、一度クリックするだけです。
人気上位のブログは面白いですよ



天才児ネットから無料レポートを2つ提供しています。

 既に7000名以上の方に読んでいただいています。
無料レポート。まだの方はどうぞ!

【自分から勉強する子供を育てるために!】(全41ページ)
〜学習好奇心を12倍に膨らます法〜
 科学の問答集−自然編付き

・子どもに学習意欲を持たせ、自分から学問に
興味を持たせる事は、実はとても簡単なんです。

どやって興味を持たせるかを、このレポートでは、
具体的に記載しています。

・科学分野へ興味を持たせる方法。
・他の科目への応用。

このレポートには、12の自然分野の
わかりやすい解答もレポートされてます
無料レポートでありながら
全部で41ページです。
メールアドレス

 無料レポート第二弾。
英語教育は、まず、
どうやって英語の興味を持たせるかが肝ですよね。

★【子供に、英語への興味を持たせる具体的な方法!】
〜幼児、小学生、中学生向け〜”

・どういう状況なら英語に興味を持てるか?
・興味を持たせる具体的な方法(幼児、小学生編)
・とっても簡単な実践編
・私が家庭教師時代に実践し、成功した中学生編
・おまけ 大人へのアドバイス  (全17ページ)


私の体験から、簡単・具体的な方法を、
一生懸命書いてみました。


是非お読み下さい!

メールアドレス



少しでもお役に立てばと思います。
よろしければ、お持ち帰り下さい。



天才児ネット 【天才児ネットの通販から】

★実験キット(小学校低学年、中学年向け)
 

★実験キット(小学校高学年・中学生向け)
 

★化学実験パック(中学生・高校生向け)
 

★子供をバイリンガルにしたいなら(1度に、10ヶ国語をマスター)
 


(10歳未満向け)




人気メールマガジンをチェックする人は、こちらをクリック




メールマガジンにて、このような子供の科学の疑問、大人の素朴な疑問に、
とにかくわかりやすく解答していきます。
 下記から配送しています。もちろん無料です。
 登録いただくと、一週間に1通、素朴な疑問を解説したメールが
届くようになります。

お気軽に登録してください。下記からバックナンバーも全号読めます。


「melma! メルマガ オブ ザ イヤー 2005」(約4万誌)にて、
ライフスタイル部門の部門賞を頂きました。





『まぐまぐメルマガ大賞2005』(約3万誌)にて、
【教育・研究】部門にて、3位入賞しました。




まぐまぐ  バックナンバー

天才児.NET:科学・雑学 なぜ?なに?どうして? (マガジンID:0000143232)
メールマガジン登録
メールアドレス:
Powered by まぐまぐ

Blog TOPへ戻る 








ホームページ メルマガ 科学の疑問と答え リンク サイトマップ

理科学習用実験キット
(小学生向け)
理科学習用実験キット
(小学校高学年、中学生向け)
化学実験パック
(中高生向け)
学研 科学グッズ特集 おもしろ科学グッズ特集 高校中退から6ヶ月で東大へ
望遠鏡・地球儀特集 顕微鏡特集 家庭用プラネタリウム特集
子どもをバイリンガルに! 子供むけ英語・英会話特集 わが子を簡単に東大に入れる方法

Copyright(C) 天才児.NET 無断転載を禁じます。

posted by tensaiji at 11:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 父の苦悩
この記事へのコメント
こんにちは!

のぞかせてもらいましたo(^-^)o

日本戦残念でしたね。。。

でも小さな子も含めて、日本中が応援してるんだなぁって知ってなんかうれしくなりました!!

それでは応援クリックぽちっとして…

失礼しました!!
Posted by みさ at 2006年06月16日 19:26
いつも興味深く愛読しております。結構参考になり助かっています。今回のコメントの中で以下の表現で、子供に誤解を招く恐れがあるように思えます。

以下抜粋
そして頭の良い人は、その覚えておいている場所(細胞)と細胞をつなぐ線が、多いらしいんだ。いろんな細胞といろんな細胞をつなぐ線が、いっぱいあるほど頭が良いんだ。
ひとつの事から、いろんな事を考えられて、記憶の整理がうまく出来る人が頭が良い人なんだね。


質問者は、記憶について質問しているはずなのに、頭の良し悪しを論ずる内容(脳と神経細胞のネットワークについては、もちろんそのとおりだと思います)になってしまっているように思えます。確かに、記憶力がよい=学校の成績がよいと一般的には解釈される場合が圧倒的に多いと思います。

なぜ、こんな些細なことにと思われるかも知れませんが、知的障害者を持つ親としては、ちょっと、この表現は、??なのです。何の知識もない子供達が、記憶力の良し悪しが、頭がいいとか悪いの判断基準になることは、知的障害者を差別しないかと大変心配します。もちろん、そんな意識で書かれているとは思いませんが、「記憶できない脳の障害と闘っている子達は、頭が悪い。」と遠まわしに言われているように感じ、少々不快に感じました。よく大人が「ない知恵を絞って・・」と自分を卑下したりしますが、私に言わせれば、「あんたは、知識不足じゃないの?」って感じます。概ね、知的障害を持って生まれる子供は、150〜200人に1人程度はいると思います。(潜在的には、もっと多いかも)後天的に知的障害になった子供を含めればもっと多いと思いはずです。このメールマガジンは一万人以上の人に読まれていますので、私と同様に感じた人も何人かいるはずです。そのあたりを考慮して文書の表現していただきたいものです。

Posted by くま at 2006年06月16日 23:40
くま様
 貴重なコメントありがとうございました。
多くの方に読んでいただいている事も自覚しており、表現につきましては、極力注意しているつもりではありますが、不快に思われたとしましたら、私の文書力のなさだと思います。
 くま様が想像されているようにそのような意図は、全くありませんでした。

以下、私の意見です。
 質問に対しての答えだけでなく、可能な範囲で、その周辺情報は短い文章で答えられる場合は、出すようにしています。これは意図的であり、質問の周辺にも疑問が多くあると思うからです。

 今回のメルマガの内容につきましては、誤解だと思います。アインシュタインを例にしていますが、「記憶が良い=頭が良い」とは言っていません。
「ニューラルを結ぶ軸索が多く、複雑に繋がっている=頭が良い」と述べたつもりです。
また、現代では、「記憶力が良い=頭が良い」と思っている方の方が少数ではないでしょうか?
「勉強が出来ることと、頭のよさは違う」という基本合意も出来ていると思います。


とはいえ、くま様が、不快に思われたのは事実でありますし、この項目は本にもなる予定です。
本の原稿にする際には、より注意を払おうと思います。

この度は、大変貴重なご意見ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 天才児ネット もりした at 2006年06月17日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック